修行

リトリート(retreat)
リトリート(retreat)とは 本来は「退却」「避難」「隠居」という意味であるが、 ヨガでは団体やインストラクターが主催して、 ある一定期間を集中してレッスンを行う合宿静修の意味として使われている。 海外ではバリやハワイなどで行うことが多く、
ワークショップ(Workshop)
ワークショップ(Workshop)とは 単発、もしくは数回に渡り行われる特別なレッスンのこと。
ドロップイン(Drop-In)
ドロップイン(Drop-In)とは 本来は「立ち寄る」の意。 ヨガでは特定のスタジオで定期的に受けるレッスンではなく、 単発で受けるレッスンを指す。
マイソール(Mysore)
マイソール(Mysore)とは 南インドの都市名であり、ヨガの本拠地である。 また、ヨガ教室で自主練習を行うクラスを 「マイソールクラス」と呼ぶことが多い。 その練習の際、指導者に直接、質問や補助を依頼することができる。
レッド(Led)
レッド(Led)とは ヨガ教室において、アサナの細かい説明は省き、 指導者のカウントに沿って次々とポーズを行う練習を、 レッドクラスと呼ぶことが多い。中~上級者向けの練習と言える。
プライマリー(Primary)
プライマリー(Primary)とは アシュタンガヨガで定められている基本のシリーズで、 70種類ほどのアサーナで構成されている。 ヨガ教室ではその半分の「ハーフプライマリー」を設けているところも多い。
満月/新月(Full Moon/New Moon)
満月/新月(Full Moon/New Moon)とは 心身に影響を与える月の満ち欠けはヨガでも重要視される。 満月は太陽のエネルギーが最大となり、 人間のパワーが10倍になる言われている。 そのため、心がハイになり、怪我をしやすいことから、
フィー(Fee)
フィー(Fee)とは ヨガ教室などで払う受講料の意。 「レッスンフィー」「クラスフィー」と使われる。
アジャスト(Adjust)
アジャスト(Adjust)とは 「調整する」の意。 ヨガでは、アサナの練習の最中にインストラクターが直接触り、 正しいポジションを指導することを指す。 またヨガバンドなどを使用してアサナの補助をすることもアジャストである。
ヨーガニケタン(Yoga Niketan)
ヨーガニケタン(Yoga Niketan)とは インド・リシケシにある有名なアシュラムのひとつ。 ガンジス川を一望する場所にあり、世界中のヨギが修行に集まる。
| 1 | 2 | 次ページ >>