パラマハンサ・ヨガナンダ

パラマハンサ・ヨガナンダとは

1893年~1952年。インド生まれ。ヨガ行者。
幼い頃に大病を患った氏は霊的体験のもと、
奇跡的に助かる。その後も次々と訪れる不思議な体験から
精神世界への道を歩みだす。
大学時代にヨガと出会い、伝道を決意する。
教育機関での活動などの後、アメリカから招かれ
セルフ・リアリゼーション・フェローシップを設立、ヨガを世界へと広めた。

自己の死を感じ取るとサマーディ(三昧)に到達の後、
息を引き取ったが、死後20日経っても遺体は腐敗しなかったと言われている。
彼の影響は世界中のヨギはもちろん、著名人や企業家、政治家な

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝


人間の永遠の探求―パラマハンサ・ヨガナンダ講話集
人間の永遠の探求―パラマハンサ・ヨガナンダ講話集


パラマハンサ・ヨガナンダとの対話
パラマハンサ・ヨガナンダとの対話
|